看護記録の書き方のキホン

患者用クリニカルパス

医療者が記録する医療者用パスのほかに、
クリニカルパスは、患者さんに説明し同意を得る際に使用する「患者用パス」があります。

 

患者用パスは、在院日数や治療プロセスを伝えるもので、
入院診療計画書と兼ねることが可能です。

 

患者用パスは、患者さんの視点で作成し、
患者さんが理解しやすい言葉で表現されるべきです。

 

 

<クリニカルパスの記載/アウトカム達成状況の評価のしかた>

 

アウトカム(ゴール)が達成できたかどうかは、
成果指標に照らし合わせをして判断します。

 

最終アウトカム(ゴール/入院の場合は退院など)が達成できるかどうかが重要です。
ですから、途中の個々のアウトカムに捉われすぎないようにします。